大丸松坂屋の印象診断と骨格診断に行ってきたよ!〜アスペルガールの服装計画その1〜

ASD女子は中性的な服装を好む?

どうも、ASD女子は中性的な服装を好む傾向にあるようです。

性自認(自分が男であるか女であるか)が曖昧な人もいるようですね。

私も小さい頃は合理的だからという理由でズボンばかり履きたがって母親から性同一性障害を疑われたことがあります。

そもそも感覚過敏で着られる服が限られてくるという場合もある

ASDの特徴として感覚過敏が挙げられますが、それが着られる服にも影響を及ぼしてくる場合があります。よく言われるのは服のタグとかですね。

その他にも素材感や丈感、色などに様々なASD的こだわりが発揮されていることも。

それでもオシャレがしてみたい!出会ったのはイメージコンサルティング

前述した原因と元々の特性が合わさり、一般的にはおしゃれに興味がないと言われているASD女子。

私もそんな感じで、いつもボーイッシュな格好にリュックで機動性重視な格好をしていることが多いです。

しかしある日、私はファッションの情報収集に過集中を発揮しました。そうすると、自分でも実践してみたくなったのです。

しかし、どこから始めればいのか。おしゃれという非常に定義が曖昧な事柄に固まる私。いや、何かあるはずだ!と持ち前の過集中力で色々と調べた結果、ありました!イメージコンサルティングという分野です。

ふわふわとしたおしゃれのコツを体系化したものに出会ってしまった私はさらに情報収集を重ね、パーソナルカラーや骨格診断といった細分化されたジャンルがあること、そしてそれらの診断が大丸松坂屋で格安で受けられることを知りました。

というわけで、気になったことはとことん追求!大丸松坂屋の骨格診断と印象診断を受けることにしたのでした。(その2へ続く)